木造住宅について学ぼう

木造住宅の地震対策

木造住宅の地震対策 家を建てたいと考える時に何十年も住み続けることを考えると、耐震性という項目が気になるところではないでしょうか。基本的にいつ地震が起こってもおかしくない国であることに加えて、台風や近年では豪雨などの被害も出ているので家を選ぶときは慎重にならないといけません。特にマンションなどが増えてきていますが、タワーマンションではもし地震が起こると最上階に住んでいる人は、エレベーターが使えなくなってしまったらかなり不便です。その点一見すると、脆いと考えられている木造住宅ですが、設計や間取りの自由度がかなり高くて将来的に狭ければ増築したりして、増やす事も出来ます。他にも欧米から入ってきた工法のツーバイフォーという工法であれば面で構成されるので、耐震性にも優れていたりシステム化が進んでいるので工期も短くて済みます。このように近年では木造住宅でも、十分に耐震の対策ができますので一度検討してみても良いかもしれません。

古い木造住宅はリフォームで住みやすくしよう

古い木造住宅はリフォームで住みやすくしよう 日本の多くの住宅は木造住宅となっています。木造住宅は日本の気候とも良く合いますし、木の温かみを感じられるのもメリットです。 新築のときにはきれいで丈夫だった家も少しずつ劣化が進んでいきます。古い家は建て替えられるのが理想ですが、建て替えとなると多くの費用も発生しますし、愛着のある家を壊したくないと考える人も多いのではないでしょうか。 木造住宅はリフォームやリノベーションがしやすいというメリットもありますので、家の劣化が気になる場合は工事も健闘してみましょう。特に屋根や外壁は大事な部分ですので、劣化が進んでいる場合は早めに工事をしておきましょう。ひび割れや雨漏りを放置していると木材を腐食させることになりますし、シロアリの発生にもつながります。 そして、日本は自然災害が多い国としても知られていますので、リフォームの際は耐震補強もしっかりとしておきたいところです。新築に近い仕上がりを希望するのであればリノベーションも考えてみてはいかがでしょうか。