木造住宅のメンテナンス方法

木造住宅のメンテナンス方法

木造住宅のメンテナンス方法 平屋や2階建て住宅の多くは、木造住宅として建てられていることが多い傾向にあります。木造の場合は低コストで建てることができることと、工法により違いはありますが後からリフォームがしやすいメリットも含まれます。
木造住宅を自由設計で建てた方、建売住宅を購入した方に共通する問題は、木材を多用していることで経年劣化を起こしやすいこと、外壁の劣化により壁の内部に浸水してしまうリスク、屋根の破損による雨漏りなどもあげることができます。メンテナンスをしっかりと行っていれば、被害を最小限にすることが可能になります。メンテナンス法は室内環境では換気を十分に行うことが必要とされ、怠ってしまうとカビが増殖するので健康被害に発展してしまいます。外装面では外壁塗装、屋根塗装が主な内容になり、この作業は単に色を変えてリフォームするという意味合いだけではなく、シーリング工事も同時に行うことが通例なので雨水の浸水を抑制する効果があるので、6年から7年程度のスパンで施工することが基本です。木造住宅は湿気対策をしっかりと行うことで耐久性を伸ばすことができるので、室内側の水道設備機器を含めて水対策は万全にすることは重要です。

品質の良い現代の木造住宅

品質の良い現代の木造住宅 木造住宅というと、鉄骨や鉄筋コンクリート造りに比べて貧相なイメージがありました。たしかに手入れをしなければ、朽ち果てていきますし、みすぼらしい姿になることもあります。ですが、現代の木造住宅は丈夫です。さらに、きちんと手入れをすれば、60年以上も利用できるのも事実です。昔は木造住宅は30年くらいで建て替えというイメージが日本には定着していました。諸外国の木造家屋は築100年以上の物件はざらにあります。このように日本の木造住宅は、昔は品質にやや問題があったのかもしれません。
現代では、木造といえども丈夫になりました。一度購入してしまえば、子供や孫の世代まで残せる住宅なのです。しかし、そうなるためには定期的な修繕が必要になります。10年から15年に一度は大規模なリフォームを施すようにします。外壁の塗装や雨どいの交換、屋根の張替えや階段の補修などがそれにあたります。このような事を繰り返して、丈夫な長持ちする家にすることが出来るのです。