木造住宅について学ぼう

木造住宅のデメリット

木造住宅のデメリット 木造住宅のデメリットは、耐久性の低さや火災に弱い、品質にばらつきがあるなどです。 木造住宅は鉄筋コンクリートや鉄骨などと比べると、耐久性は低くなります。また木で作られているため鉄筋コンクリートなどで作られた住宅よりも葛西に弱いです。 住宅を建てる職人の技術や施工会社の品質管理の体性などにより、品質にばらつきが起こりやすくなります。木造住宅は現場で組み上げる建築方法で、木材はプレカット工場で加工されて搬入されますが、細部は現場で加工することが殆どです。外装工事など規格寸法はあるものの、現場で職人などが加工することため、技術力などによって出来上がりの品質にばらつきはでることが予想できます。 木造住宅にはデメリットはありますが、それぞれに正しい対策をすることで問題となることは解消することが可能になります。 耐久性の低さは敵的なメンテナンスや住み方の工夫で長く住むことが可能になったり、木材は芯まで燃えつきるまでには時間がかかるため、防火のための外装にしたり、防火炉を用いることで延焼を防ぐことができます。また施工を依頼する建築会社は信頼できるところを慎重に選ぶことで、住宅の品質管理などが可能になります。

大きな震災にも耐えられる木造住宅の耐久性は他と比較しても高い

大きな震災にも耐えられる木造住宅の耐久性は他と比較しても高い 一般的に、木造住宅はその外観から耐久性がそれほど高くはないと誤解をされがちです。確かに、近年は鉄筋コンクリートなどを用いた強固な物件が数多く登場していますので、これらを利用することによって快適な住宅を設計していくことはできます。しかし、木造住宅は特に耐震性に優れているという大きなメリットが存在します。元々、木造建築は地震の揺れを吸収できる性質がありますので、きちんと構造を設計して建築していけば大地震にも耐えられるだけの住宅を建築できるからです。実際に、木造は周囲の環境変化に強い傾向がありますので、何十年と暮らしていけるだけの耐久性が存在します。また、単純に快適な暮らしを進めていくためにも非常に有効なものです。木造住宅は、通気性が高いので外気を取り入れやすく、部屋の温度を調整しやすいメリットがあります。しかも、長期的にそういったことができますのでマイホームが欲しい人はまず木造住宅を検討すると良いでしょう。